未亡人の由紀なつ碧を息子が調教!息子の優しさと母親の愛情が糞まみれになって結実する!!

背徳の親子糞 由紀なつ碧

旦那を3年前に失くした「なつ碧」は、その寂しさから実の息子「優一」と性的関係性になりつつあった。母の事をどんどん好きなってしまう息子、そんな息子にとまどいながらも優しく応じる母…。二人の関係性は日々濃密になり、ついに母は究極に恥ずかしいことを息子の目の前で…。

「背徳の親子糞 由紀なつ碧」動画レビュー

あけましておめでとうございます。

本作の『背徳の親子糞 父さんにも見せたことなかった尻の穴を… 由紀なつ碧』では、夫を亡くした未亡人・由紀なつ碧と実の息子との背徳感を描いてますよ。

タイトルが物語っているように、母親の脱糞を息子がしげしげと眺めるところに背徳感があるのでしょう。

しかし、連れ添いを亡くした寂しさを埋めるには、このくらい強烈なインパクトが必要なのだろうと、息子の母親を思う優しさからのような気がします。

現に、息子との情事にのめり込んでいく姿は、以前の寂しい未亡人ではなく、性に飢えたメス犬のようでもあります。

この先の展開を息子がどう描いているのか…新たな親子関係を築いていく上でも興味が尽きません。

背徳の親子糞 由紀なつ碧

夫を亡くした寂しさのオーラが体中から放出されています。このままでは生命の危険すらあるかもしれません。

背徳の親子糞 由紀なつ碧

いけないと思いながらも、息子の誘いに乗ってしまう母親。もう頼る人は息子しかないのが現実なのだから。

背徳の親子糞 由紀なつ碧

痴呆症の母親の介護をしている息子…ではありませんよ。息子を一人の男と見てしまった女の哀れさよ…。

背徳の親子糞 由紀なつ碧

旦那を亡くしても、夜な夜なこんな快楽が待っていたら元気も出てきますよね。息子が身をもって母親の相手をしてあげています。

背徳の親子糞 由紀なつ碧

糞まみれにされても、もはや心を奪われているので怒ることさえしない母親。もはや息子のおもちゃでしかありません。

 

※この動画の完全版はこちら!
背徳の親子糞 由紀なつ碧
【DUGA限定】背徳の親子糞 由紀なつ碧